日常生活補完計画とは

皆さんは「補完計画」と聞くと、少年が人型決戦兵器というロボット的な何かを操縦するアニメを思い浮かべるのではないだろうか?私もそのうちの一人だ。

コアなファンにとっては名前をパk・・・オマージュされるだけでも腹立たしいかもしれない。

だが安心していただきたい。全くの別物、全くの別物である。

 

学生時代はおっちょこちょいで済んでいたことが社会に出て突然許されなくなることはざっくりと理解している

たとえば、忘れ物。

忘れるつもりはないのに、スマホ、財布、定期券。はたまた会社の大事な書類。普通に考えれば忘れようがないもの

なのにうっかり?何度も確認していてもなにか一つ忘れている。それもほぼ毎日。

上司や同僚にはやる気があるのかと怒られ、怒られたくないと焦ると就業でミスしてしまい再び怒られ、飽きられる。

つぎに掃除。

帰ったら家は散らかりゴミ出しもいつのことやら。そんなかで休もうにも体を伸ばせる場所もない。

共働きの友人の家へ行けば可愛く整った清潔な部屋なのに「ちらかっててごめんねー」と一体何処が散らかっているんだ!?

なんでみんな出来ていることが自分は出来ないのか、悲しい気持ちが毎日まいにち積み重なってどんどんミスする回数も増える

そんな悪循環。もう疲れた、どんなに頑張っても周りに認められず楽をしているレッテルをはられている。

こんなに頑張っているのになんとかしたいのにどうにも出来ない、本当に私はダメ人間だ・・・。

とことんダーク面に落ちる。嫌な気持ちを吐き出す

そして魔法の言葉「ま、良いか。なんとかなる(なっていない)でしょ!」

そして気持ちをリセットし自分をだましだまし日常を送る。だがあまりにも多いミスは周りの人達にとって

大きなわだかまりとなり接し方が明らかに悪くなっていく・・・。

なんとかしたいと思い色々な可能性を考えた時、一つの答えにたどり着いた。

 

私は大人の発達障害なのかもしれない・・・。

 

検査をしADHDと診断を受けた私だが、怪我をした傷口が治るようなものではないのだ

どうしたらこのマイナススパイラルから抜け出せるのか、人に迷惑をかけ続けるような

そんな人生と決別をするために今回立ち上げたのが日常生活補完計画である。

他の人達ができるアタリマエのことで、明らかに能力が足りていない部分をいろいろな形で補完しできるようにしていく

そのトライ&エラーを人々に公開し似たような事で困っている人たちの参考書になれば良いと思い

この計画はスタートした。てんでド素人の話し合い、聞き苦しいことも多々かとは思う。

だが私達の成長いや、進化を生暖かい目で見ていってくれる事こそ この活動の意味になることは間違いないだろう。

 

点在している問題を一つずつ解決し、一人前の人間となれるのか、私達の日常生活補完計画は今始まったのだ!

 

投稿日:

Copyright© 日常生活補完計画~破綻した日常を改善し、生活品質の向上を目指す!~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.